軽自動車は乗りやすくて便利

税理士は零細企業に必要か否か?

社員が10人にも満たない小さな会社で経理がらみのことをやっているのでたまに聞かれるのは、そういった小さな会社で税理士さんは必要かどうか? ということです。結論から言えば、必要か否か、という点では「必要でない」といえます。気になる千代田区 相続ここでチェック。
ただし、その会社で経理関連のスタッフがどれだけいるか? によります。気になることは聞いてみよう。千代田区 税理士で検索。

 

小さな会社であれば、税務を含む経理業務というのは自社で行えないものではありません。ご相談ください千代田区 経営計画ならこちら。
昔と違って税務署をふくめた役所は親切になって、説明会も定期的に開いてくれますし、困ったことでもインターネットで調べられるようになりました。情報公開もされているので、専門知識をもっていなくてもこなすことは可能です。

 

ですが、小さな会社ではそもそも経理関係に専門のスタッフを確保しているというのは珍しいのではないのでしょうか? 別にメインの仕事をもっていて、片手間に総務全てをやっている、というケースが多いのではないかと思います。そういった人に専門ではない業務について毎回調べて、勉強もして、毎年変わる税制の変更などをチェックする、というのは効率がよくないのではないかと思います。年末調整や決算といっや作業のボリュームの大きい期間もあります。お探しの情報は会社設立 千代田区このサイトから

 

特に専門知識を必要としない精算や収支の入力だけ行ってあとは税理士さんにまかせる、というのが顧問料も抑えられますし、専門的な業務にわずらわされることがなく賢いのではないか、と答えています。実際に私のところでやっているのもその形です。行ってみたい東京 相続税←クリック!