顔のたるみを見ても自分の事として思わなかったのが

顔のたるみを見ても自分の事として思わなかったのが

親の顔と私の顔を人が見比べながら、良く似ていらっしゃいますね、というのを聞いて、もちろん、親子だから似ていると
言うことなのでしょうが、私は最近、顔のたるみまで似てきたように感じます。
特に頬のあたりから、頬骨のあたりにかけて、見たくないけれどどうしても目が行ってしまいます。
写真を見ても親の顔のたるみは写っていますので、私も酷くなるとああなるのかと思いつつ慌ててしまいました。
以前、親が使っていたとみられる、通称ころころ、いわゆる美顔ローラーなるものをとりだし、きっと親が成功しなかったのは
横着して続けなかったせいだと勝手に思いながら、私は効き目があるかどうかは結果次第、と思いつつ毎日たるみ悪化、
予防にところころ回して肌を伸ばしています。
知人が笑いヨガなるものが体に良いと言っていたのを思いだし、笑いは結構顔の筋肉を使いそうだ思いました。
顔の表情を豊かにすることで筋肉を鍛えること、たるませずに引き締めること、つるつるに仕上げること、
これが目下の目標です。