軽自動車は乗りやすくて便利

永代供養の期間と納骨の方法

 そもそも永代供養とは、亡くなった人を長い間、できる限り一生供養する行為のことです。こちら→名古屋 永代供養に載ってます。
自身の子どもや孫のみではなく、更なる子孫に供養を受け継ぐことが前提とされていますが、昨今進んでいる核家族化や少子化社会により、亡くなった後に、誰も供養をしてくれない人も出て来る時代になってきました。ここをクリック!
そこで、宗教法人や寺社などが「永代供養」を本来いるべき子孫の代わりに請け負うことが一種のビジネスとして定着するようになったのです。

 

 実際に行われる永代供養の期間は一般的に30年から50年程度ですが、契約時に様々な年数を設定することができるようになっています。
もちろん期間が長ければ長いほど供養料と言う名の料金は高額になります。特に希望がある場合は、お寺や霊園など請負者と相談するのがいいでしょう。

 

 また、最近では永代供養の中でも「合同祭祀」の方法が増えています。合同祭祀とは、親族だけ、夫婦だけと言う埋葬の方法ではなく、他人も含めて様々な人と同じ墓に入ることですが、このことにより無縁仏になるリスクを回避することができるし、永代供養料も安く済むため、多くの場合で用いられている方法です。永代供養はユーザーの要望に対応できる墓苑等も出てきているので、気になっている人はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。